喉頭癌治療~からのぉ~Tsurezure diary

喉頭癌の治療記録がメインですが、その他モロモロ書いてます(^o^)

初体験💕グライダー

行ってきましたグライダー体験!

行くまでは全然緊張してなかったのですが、いざ飛行場について「あ、これに乗るのか」と思った瞬間ちょっと怖いかも→止めるなら今かもと普通の人間並みに躊躇してしまったBlackです。


だってさぁ、、、、なんだかんだ言って何も情報がないし、全然調べてなかったし、なもんだからいざ機体を目の前にすると普通にビビってしまいまして(^_^;)



どうやって上がるのかな〜とか、揺れるのかなとか。。。。


ここで落ちるかもしれないという発想がないのが私の良いところ。

落ちる心配は全然してません。

だって、今日は落ちる気がしないのですから(о´∀`о)


辺な話、今の私は万が一陸に落ちても生き残る可能性は多少あるのですが(多少ってほんの僅かだと思うけどw)、水の上に落ちた場合は生存確率が0になるという恐ろしい人なのです。


なので、水に落ちるなんて事考えたら何もできないのでそういうことは考えないのです!



ということでとりあえず乗ってみよう!!


初めてだって行ってるのに「Milkyさんはこういうの大丈夫な人?」「空中でいろいろ動いたりするの平気な人」って聞くんですが、平気かどうか分かんないっての。。。。


あっ、ちなみに私のミドルネームはMilkyなのでこういう呼ばれかたしてます。

嘘です。いや、本当です。


あぁだこうだ言ってると本当に過呼吸になりそうになるのでとっとと乗らせてくれと、、、いうことで操縦席に着席。


もちろん、実際に操縦するのは後ろに乗ってる教官です。



私は操縦してるっぽい位置に座ってるだけで実際は何もしません。

ただ、先頭に乗ってるというだけで辺なプレッシャー感じます。


さて、これから上昇するそうです。

が、、、どうやって?


セスナなんかで引っ張ってってもらうのかと思ってたらそうではなく、なんだか滑走路のずっと先から機体に繋がったケーブルがありまして、そのケーブルを思いっきり引っ張るとグーンと機体が上昇し、ある程度登ったところでそのケーブルをリリースするとそのあとはグライダーが自由に飛べるそうです。



というのを動き出してから知りました。


グライダーは動力がないので一旦上昇したらあとは静かに下がっていくと思ってましたが、何と!!雲の下の上昇気流を使って回転しながらどんどん上昇を続けることもできるそうです。


というのも上昇してから知りました。


ぐるぐる回ってどんどん上昇する時は、流石に耳がちょっと痛くなる感じと、ちょっと気持ちが良くない感じはしましたが、5周くらい回ったあたりからどうでも良い感じになってきます。



どうでも良いというのは・・慣れるというか、、、別に〜って感じ。


でも、この上昇で気分が悪くなり、そのまま終了の人が多いそうです。

ということは、私はこれらの動きが大丈夫で平気な人のようです。


色々分かって良かったです(о´∀`о)



動力がないのでとても静かなんですよぉ〜

ヘリ乗ったことある人は分かると思いますが、機体の中ではヘッドフォン越しじゃないと会話もできないくらい煩いのです。

が、グライダーは私のこんな小さな囁き声でも後ろに座ってる教官とお話ができるくらい静かなんです。


鳥になった気分というか、、、紙飛行機に乗ってる気分というか、、なんていうか自然と一体化して飛んでるような不思議な感覚です。


ジャンボジェットとかセスナとも違うし、アナログ的な感覚を味わえる不思議な乗り物でした。


快適な空の旅は最終的に40分になってしまいましたw

基本料金は15分の値段なので追加料金は発生しましたが、滅多にできることじゃないし、上空から見るハワイの景色も初めてだったし、なんてったってレア経験初体験なのでとても満足しました❣️


興味のある方は是非やってみてください!

おススメです(*^◯^*)


【Hawaii Glider and Sailplane Academy】

http://higlideracademy.com/japanese/

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。