喉頭癌〜完治までの道程~からのぉ~

喉頭癌の治療記録がメインですが、その他モロモロ書いてます(^o^)

福島again〜〜

今日も6時から仕事始めて新幹線乗って福島に来てますよ( ◠‿◠ )


明日は福島医大に行きます❗️

これで決まっちゃうのかな?手術できるかできないか、するかしないか、、、、、


口呼吸できるが飲食ができない喉か、飲食ができるが首に穴が開いたままの喉か。。。


どっちも嫌じゃ…


喉頭亜全摘に親しみのないドクターは「誤嚥」を非常に嫌うみたいですね。

まぁ誤嚥させようって言うドクターも嫌ですけどwww


亜全摘の人はみんな術後は誤嚥するのです。

私以外、100%誤嚥するのです。だからその後1ヶ月かけて入院して嚥下のリハビリをするのです。

リハビリ中に多くの人が肺炎になるのです。

肺炎になる人の確率は聞いてないけど、入院中に1回か2回は肺炎になるかもしれないよって言われてました。

かなり高い確率で肺炎になるのは確かなのです。

で、お水は1ヶ月のリハビリ中に飲めない人も多いのです。

お水飲むのに3ヶ月以上かかる人もいました。


でもでも、みんな遅かれ早かれ飲食ができる喉になるんです。

だから私もできると思うのです。やればきっとできる‼️


だからやっぱり口呼吸ができる可能性があるんだったら手術したい‼️

誤嚥を怖がっていてもしょうがない。。。。


あ、そういえばもう1つ。。。

今って小さい声しか出ないけど、小さくても一応電話でもお話はできます。

でも軟骨再生で気管が広がった場合、気管内の接触する部分が無くなってしまう可能性があり、そうなると全く声が出せなくなるのです。。。。



気管内の接触部分って、北里で入院中に2回削る手術したところじゃないか…

思い出したくないけどまた思い出した…

放射線の影響で浮腫んでるから削るって言われて「エッ!浮腫んでるから削るって言うけど、削った後浮腫み取れたら隙間空きすぎて誤嚥の要因にならないの?」って聞いたんですよね、手術前に。。。


そう思いませんか?


結局浮腫みじゃなかったわけですが、そこを削ったばかりに軟骨再生できたとしても接触部分が減った(または無くなった)から、余計に声が出しにくい喉になってるかもね…ハァ〜〜もう考えるのも嫌だな…



今回は保育士試験のために画用紙と色鉛筆も持って来たんだけど、とても絵を描く気分じゃないよ………


寝る


おやすみ😴

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。